オフィス業務に必要なOA機器を準備しよう

買うのかリースするのか

こだわりのOA機器がある

リースにする際は、その業者で用意しているOA機器の中から好きなものを選択します。
リースできる品揃えが少ない業者だと、選択肢が少なくて良い機種が見つからないかもしれません。
このOA機器が良いと決めているなら、それを購入することをおすすめします。
買うと費用がかなり高くなるので、予算をしっかり確保し、その範囲内で買えることを確認しましょう。

またOA機器を買うと、処分も自分で行わなければいけません。
リースの場合は業者に返却するだけなので楽ですが、買った場合は引き取ってくれる業者に連絡し、費用を支払います。
その辺の空き地に、使わなくなったOA機器を捨てることは絶対にしないでください。
購入だけでなく処分の流れも知ると、後から慌てることもなく楽になります。

安く済ませたい人向け

OA機器の導入に費用をかけられない人は、リースを選択してください。
リースは一定の金額を支払うことで、決められた期間内は自由にOA機器を利用できる方法です。
リース料金にはメンテナンス代が含まれていることが多く、機器の維持管理を自分でやらなくて良い面がメリットですね。
プロから定期的なメンテナンスを受けると、不具合が生じていてもすぐ気づけます。

もし長期的な修理が必要になったら、代わりのOA機器を貸し出してくれるので、仕事に支障を与えません。
ただしリースはレンタルとは少し異なり、途中で解約することはできません。
本当に必要な期間を選択しないと、余計な出費に繋がる危険性があります。
不安な人は、短めで長すぎない期間を指定しましょう。


この記事をシェアする