オフィス業務に必要なOA機器を準備しよう

複製したり処分したりする

様々な機能があるとお得

コピー機やスキャナー、ファックスも必要なOA機器です。
これらが1つになった製品が販売されており、多機能を選択すると費用を削減できすし、置き場所も取らないので狭い賃貸オフィスでも大丈夫です。
OA機器は大きなものが多く、狭い賃貸オフィスだと設置するのが大変かもしれません。
全てのOA機器を無理に置くと、社員が仕事を進めるスペースが狭くなります。

そのような事態を避けるために、コンパクトなOA機器を選択しましょう。
賃貸オフィスのサイズを考慮して、選んでください。
コンパクトでも機能性が豊富で、仕事の効率を高められるOA機器がたくさんあります。
適当に決めず必要な機能が搭載されていることと、使いこなせることを条件に決めましょう。

機密情報を印刷した時の処理方法

重要な情報を書類に印刷する機会があります。
その場合は、扱いに注意してください。
書類が第三者の手に渡ると悪用される危険性があり、トラブルに発展します。
会社を経営できない事態になったら困るので、誰にも見られないよう厳重に管理しましょう。
また使い終わった書類は処分すると思います。
ずっと書類を残しておくと管理が大変になりますが、重要な書類はその際も注意が必要です。

そのままの状態でゴミ箱に捨てるのではなく、シュレッダーで粉砕しましょう。
粉砕すると第三者の手に渡っても読めないので、情報が漏れることはありません。
シュレッダーも、会社の経営に欠かせない情報を守るOA機器です。
1回の情報漏洩が、会社の信用問題に関わることを忘れないでください。


この記事をシェアする