オフィス業務に必要なOA機器を準備しよう

起業を考えている人はOA機器をよく調べよう

信頼性に関係する

他の会社と連絡を取り合ったり、お客さんからの問い合わせの対応をしたりするためには電話が必要です。
もちろんスマートフォンでも電話ができますし、固定電話代わりに使っている会社も見られます。
固定電話の番号があることが、真面目に経営している会社というアピールになると覚えておきましょう。

会社のホームページを見た時に固定電話の番号がないと、怪しいと思われることがあります。
固定の電話番号がないのが原因で売り上げが低下したり、周囲の会社と繋がりを持てなくなったりするかもしれません。
会社を順調に経営するためには、信頼されることが重要です。
そのため早い段階から、固定電話を置いてください。
そして、ホームページにも固定電話の番号をしっかり記載しましょう。

パソコンの種類を知ろう

メールを送受信したり、書類を作成したりと仕事のほとんどはパソコンを使って進めると思います。
現在ではパソコンも電話と同じく、欠かせないOA機器と言えますね。
パソコンも用意しなければいけませんが、種類を把握しておきましょう。
基本的にデスクトップパソコンと、ノートパソコンの2種類があります。

社員の仕事のスタイルに合わせて、導入すると良いですね。
持ち運ぶ機会が少なく、主に会社で使う場合はデスクトップパソコンで構いません。
営業の仕事が多いなら外でも使えるよう、ノートパソコンを導入するのがおすすめです。
ノートパソコンだとどこにいても仕事を進められるので、作業効率が高まります。
パソコンは、社員の人数分を揃えるように意識してください。


この記事をシェアする